勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/02
2009 Sat
「なんで」が分かると「納得」できる
脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)
(2008/04)
築山 節

商品詳細を見る


脳神経外科医著
脳の特性から考えた気持ちの整理術あれこれ。

意欲↑するには
  まず好きな事、できること1つでも見つけ、それを積み重ねる→成功体験積み重ねる
やる気が出ないときは
  まず短時間の集中で出来る作業に手を付ける→試験前机片付けたくなるのもここから
解決しなくてはいけない問題あるときは
  徹底的「見える化」すべく詳細書き出す
  そして細切れ時間に少しでも手を付ける→「まとまった時間」は永遠来ない
覚えるには脳は構造中「忘れるように出来ている」
  入力したものは出力(アウトプット)する→出力には「出力+再度入力」の効果)
  「その日のうち復習」→キーワードだけでも。後から自己検索しやすくなる
・効果的読書には:
  キーワード拾う事意識しながら読む→理解深まる
・アイデア出すには

  ①どんな愚案でも全部書き出す!できれば人に見せる
  ②その場離れ散歩など、アイデア生み出す刺激脳に与える
  ③多面的・意外性高い情報触れる→”ひらめき連鎖”起す
  睡眠重要→夜はアイデア出ないし、目休めるのも大事。とにかく夜は脳休める
感情安定させるには:
  「6:3:1」→楽:不快:すごく不快のバランス。不快刺激も脳には大事。
  「他人の脳で考える」:不快なこと言う理由を相手の立場で考えたり、
               このとき○△さんならどうかんがえるだろう・・・等多面的に思考


・・・要するに。至極まっとうな話ばかり。
2日前エントリしたストロレの本の時も思ったが、人間単に「アタマで理解している
状態からもう一歩進んで「腑に落ちる」状態まで持ってくには
エビデンス(根拠)の理解欠かせないなと再実感。

近年看護の世界では口酸っぱくして「エビデンスナーシング」(根拠に基づいた看護)
叫ばれ、時にうざったい?!程だが。こーいうことなのね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。