勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/13
2011 Mon
もっと広がれ♪CUD~色弱者にも分かりやすいデザイン その1
色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線
(2011/04/19)
伊賀公一

商品詳細を見る
評価 <評価基準>
DSC05801.jpg
私:「この洋服、なぜこの配色で着せたの?」
夫:「ああ、もしかしてこの2着、色違い??」 

双子が赤ん坊時代。御祝いで頂いた写真の色違い服、夫は
女児:ベージュ 男児:ピンク服着用。尋ねた私との会話。

夫は色弱者。こーいう淡色の見分けが最も難しいらしく
写真も「同じ色のお揃い服に見えた」との由。

そんな夫と暮らして10余年。図書館書棚で見つけたので当然貸出。

Σ(o゚д゚oノ)ノ!!式弱者カラーコーディネーター!
前に、識字障害で編集者目指すと言う青年の本を読んで感銘受けたが (記事はこちら
僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年
(2009/08/25)
小菅 宏

商品詳細を見る

著者も、式弱者ながらカラーコーディネーター1級取得
現在、CUD(カラーユニバーサルデザイン=式弱者でも分かりやすいデザイン)の普及に尽力していると。
確かに、当事者が一番、生活の困る場面に詳しいから適任だと思うが、
色に対して尻込みしがちな夫を身近で見ているものとしては
「すごいなあ・・・」感心。

式弱者の世界
巻頭、式弱者の世界を分かりやすくカラー写真で紹介。( 以下、写真は本書よりお借りした画像。)

夫が日常よく困っているのは、靴下の判別。
P1020128.jpg
あと、カレンダーの赤字も判別むつかしいそう。
P1020126.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。