勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/02
2011 Thu
なんて美しいんだろう@感謝の心~看護師人生初の
「これ、ゴハン作ってくれてたみなさんに…」
菓子折差し出す。患者さん・。 ( ・ω・)モニュ?あっけにとられる私。

こんなこと、看護師14年目にして初めてだ。


看護師として勤務している病院は、お菓子や心付けは「気持ちのみお受け取り」。
モノはお持ち帰り頂くのだが。時々「あずかって渡してください」と言われること有る。

多いのは主治医の先生。あとはリハビリの担当者が時々。
しかし昨日は初体験。退院する年配の男性患者様から↑言われる。

「せっかく一生懸命作ってくれるゴハンを、調子が悪くて食べられなくて残し、
いつも申し訳なかったから…」 

確かに食欲不振でご入院のこの患者様には会席食など、
盛り付け工夫されたゴハン挙げてもらっていたが、
それもなかなか召し上がれなかった。

食事量は毎回必ず全患者様確認するが、
キョービ食事残して下膳されるなんてごく普通
小児科も併設された混合病棟だけど、子どもたちなんて
全部の食事1口ずつつっついて終わりとかも日常。

こんな美徳の気持ちあるなんて…なんて美しいんだろう
皺の刻まれた男性の顔をみて、その心の美しさに 
こんなにしびれたもの看護師人生初。

初めてっていいな 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ


※勿論、このお心遣いも「お気持ちだけ丁重に御受取」いたしました。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。