勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/18
2011 Wed
こっちは備蓄「3日」でOK~地震のキモチマニュアル
地震イツモノート (ポプラ文庫)地震イツモノート (ポプラ文庫)
(2010/12/07)
地震イツモプロジェクト

商品詳細を見る

評価 <評価基準>
以前記事に書いた (記事はこちら地震対策本と一緒に
書店で購入したもの。阪神大震災経験者が語る「心の防災ノート」
地震から子どもを守る50の方法地震から子どもを守る50の方法
(2011/04)
国崎 信江

商品詳細を見る


リアルな地震体験記
主に阪神大震災被災経験者が、リアルな体験から
本当に必要なものや心構えについて書いている本。
①地震の瞬間は(あまりの揺れに)動けない ところから

②脱出、救出の困難
③すさんでくる避難所生活 などを短文で紹介。文庫本で読みやすい。

備蓄は3日/着替えが重要
前の本では2週間の食料、水備蓄とありくじけたが、この本では備蓄は3日と記述(笑)。
2冊の間とって1週間とか10日目指す(゜_。?

アウトドア推奨
そしてやっぱりこの本も↑。普段からアウトドアに親しんでおくこと、やっぱり重要と。
今年の夏も、旅行はキャンプで決定

100円玉は使えない
多分まだケータイが十分普及していなかった時代なのだろう。公衆電話についてこんな記述も。
10円のみ使用可となったので、10円の備蓄必要と。今回、気仙沼の家族は
これについては特に語らず。避難所の震災特別電話から電話くれたりして、あとはケータイ。
10余年歳月経過し、こんな部分はマイナーチェンジ必要かも。

日ごろから近所付き合い
結局、どれだけ備えているかなのだが、そのひとつが↑。
救急も来ない中、近所の安否確認と救出活動が、プロの救命上回り
たくさんの奇跡生んだ。 世知辛い東京暮らしだが
普段から備え!

ランキング参加中♪ 皆さんのクリックが活力の源です
本当に感謝していますヽ(  ´  ∇  `  )ノ 今日も
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)
blogram投票ボタン            クリックで救える命がある。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。