勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/15
2011 Fri
荼毘に付されました~震災その後。気仙沼祖母
4/15、気仙沼で津波被災し死亡した祖母が荼毘に付された。
余震影響で会いに行けなくなり、母と姉が代わりに現地入り。

同業の姉はホスピス看護師。職業柄、遺体はある意味「見慣れてる」が。
震災で1カ月弱行方不明だった末見つかった祖母遺体様子メールで尋ねたら
ほぼミイラ。こんな遺体は初めて見ました」との返答。
震災の凄惨な様子垣間見え、胸が痛んだ。

田舎の人らしく、「それなり豪華に葬式してほしい」と
郵便局に年金積立貯金してた祖母。今年米寿予定だった祖母の
そんなささやかな願いですら聞き入れられないこの状況。
素朴に気の毒だなと思う。世間体保つことが彼女の生き甲斐だったのに。
これが戦争と激動の昭和生き抜いた祖母の最後なんて。

人生って あまりに儚い。おもわずそんなことを思う。

それでも祖母の兄弟や親せきなど、大変な状況の中集まってくれたようで
無事高台に残った墓に納骨。火葬もままならない今の状況では御の字

足が悪い祖母が墓参りできなくなったので、もっと平地の墓に移そうかなんて話も出てたが、
結果的に移さなくてヨカッタ。祖母も去年先だった娘や夫と一緒の墓に入れてホッとしただろう。
まあ、姑や舅もいるが(;´▽`A‘‘



結局人生全ては色即是空。事象そのものに意味はなく、
それに色をつけているのは自分自身。すべては虚なのだ。

あまりに大きな震災の前で、あまりに無力で小さい私たち。
人生には全て意味があり、学びなのだと言う。
この出来事は何を意味し 神は何を学ばせたいのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。