勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/02
2011 Wed
あえてピンチに立て!~かわいい脳には旅させろ(゜_。)?
ピンチに勝てる脳ピンチに勝てる脳
(2010/09/24)
茂木 健一郎

商品詳細を見る

評価 <評価基準>
最近なってようやく私も
ツイッターの使い方分かってきた(笑)。
面白いんだな、みんながハマるのも納得…って今頃(゜_。)?(笑) 
最近では、有名人フォロワーも少しずつ増えてきた☆
この本著者の茂木さんもその一人。
つぶやき拝見するだけで、頭のキレが分かる人ってスゴイ。
センスあるつぶやきに酔いしれる事も多々(笑)。

そんな茂木さん自身がツイッターで、誰かに薦めていた自書。
まったく関係ない私も読みたくなって図書館リクエスト☆

既にヘンキャク済みなため、感想のみUP☆

ピンチに立て!
この本の著者messageはシンプル。ひとことでいえば↑
僕がこの本の中でいいたいこと。それは実は
『人間はピンチに立たされた時が最大のチャンスである
ということです。」 (本書冒頭より)

その時にこそ脳は発達し、人間として成長していけるのだと著者。

「ものすごいピンチ」に自分置け
”ぐうの音も出ないようなピンチ”でこそ脳は成長できるのだと著者。
たとえば、言葉が通じず、文化も違う外国。こんな環境で挫折やピンチに遭遇する環境
積極的に自分で選んで行けと著者。

それは分かってるけどさ~、人間自分かわいいよね(*´д`;)…。

すごいのは、
もう十分「成功者」たる著者自身が、そういう生き方を実践していること。
東大出て、科学者としても成功している著者。
今も、あえて拠点を海外に持つこと模索中なのだと。それは
海外であえて「メタメタにされる」事が目的と言うから(*´д`;)…(*´д`;)…。

35歳にして、ぬるま湯の中守りに入ってる自分。
だって、あえてピンチに自分立たせるような強さもないし。
この春おびえているのも、
忙しい部署に突然異動命令出たらどうしよう」というもの。
…じ、自分で書いてても小さすぎる(爆)

かわいい子には旅させろ。昔の人はこういったが。
我が子ほどにかわいい自分の脳味噌も、あえて逆境に放り込む事で成長させられる?!
内容も勿論だけど、無意識化十分守りに入っているであろう「成功者」茂木氏の勇気に一番しびれた。

何甘いところで守りに入ってぬるま湯浸かってんだ!こっちに来いッ!! ヾ(。`Д´。)ノ彡☆
茂木さんから喝頂ける1冊。



ランキング参加中♪ 皆さんのクリックが活力の源です
本当に感謝していますヽ(  ´  ∇  `  )ノ 今日も
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)
blogram投票ボタン            クリックで救える命がある。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。