勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/27
2010 Mon
催眠療法と言えば~私のヒプノ体験記
クリックで救える命がある。


母親に愛されたい娘たち (成美文庫)母親に愛されたい娘たち (成美文庫)
(2010/02/10)
井形 慶子

商品詳細を見る
評価 <評価基準>
昨日読んだ本の中で催眠療法として、自分の受けたヒプノセラピーについて
ちょっと触れたが。 (記事はこちら
精神科に行こう!精神科に行こう!
(1999/04)
大原 広軌藤臣 柊子

商品詳細を見る

実は先月読み、そのまま記事UPさせずスル―してしまったのだが(笑)、
これもヒプノセラピーのエッセーだったので、再取り上げ♪


著者はイギリス紀行で
有名なエッセイニストにして雑誌編集長井形慶子
19歳の頃から100回以上渡英している著者ならではの”リアルな英国像”
エッセイや小説大好きで、既刊は概ね読んだことアリ。でもこの本は、
イギリス紀行エッセイとはちょっと趣を異にしており。

「ヒプノ体験」エッセイ?!
以前自身が体験したヒプノ体験エッセイを大幅に加筆、修正したもの
わたしは誰―そしてヒプノセラピーが始まった… (ミスター・パートナーのBook)わたしは誰―そしてヒプノセラピーが始まった… (ミスター・パートナーのBook)
(1995/12)
井形 慶子

商品詳細を見る


そもそもヒプノセラピーって(゜_。)? 
と、思う方は多いかと ヒプノ=催眠療法で、
催眠を用いる精神療法の一種である
 (wikipediaこちらより) 
催眠状態利用してトラウマ抱えた過去戻り、それを癒すセラピー。
癒すのは、誰しも心の中にいる、傷ついた小さな子どもの自分=インナーチャイルド
私の場合は、催眠の中4歳の自分と再会(笑)。涙がたくさん出て、
終わったらスッキリ。確かにすごく癒された実感持った。

意外だったのは
ちっともオカルト然してなかったこと
医者であるフロイトが治療で用いていたというだけであり、
決して個人的な閃きや才能に頼ってものではなく、治療として確立されていた事。

著者も育ってくる過程で抱えてきた母への傷ついた想い
この療法で癒し、母との関係性変化させたことを本中で告白している。

勿論どんな治療も万人に向いているとは思わないのだが。
少なくとも著者と私はいいと思ったこの療法。
もちょっと市民権得て行くといいなと希望♪

ランキング参加中♪ 皆さんのクリックが活力の源です
本当に感謝していますヽ(  ´  ∇  `  )ノ 今日も
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

■私のオススメ本
「いつかイギリスに暮らす私」は読みましたか?
30歳前後の井形さんの体験が描かれ、今なおイギリスを走り続ける彼女の原点が覗ける感じです。私の一番のお気に入り!
ファンの方の、こんなサイト見つけました!
来月「突撃!ロンドンに家を買う」という新刊が発売されるみたいですよv-238
haru | URL | 2010/11/25/Thu 19:27 [EDIT]
■hiroさん♪
コメントありがとうございます (*≧∀≦*)そして新刊情報感謝です!
すごい、とうとうイギリスに家買っちゃったのですね>井形慶子さん。
今から12月が待ち遠しいです♪「いつかイギリスに暮らす私」
実現しちゃったのですね。
サイト拝見しました(*≧∀≦*)私もbest5の本全て好きです!
今後ともよろしくお願いいたします <(_ _)>
ひまわりマミー。 | URL | 2010/11/25/Thu 20:45 [EDIT]

Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。