勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/12
2010 Thu
子どもの代わりに死ぬvs子どものために生きる…
いぬのおまわりさん―24歳で逝ったまゆちゃんのブログよりいぬのおまわりさん―24歳で逝ったまゆちゃんのブログより
(2009/07)
大石 真由美

商品詳細を見る
評価 <評価基準>
偶然図書館書棚で発見。全然内容はわからないまま貸出


 タイトル(゜_。)?
(゜_。)?と目にとまったのはタイトル。いぬのおまわりさんって・・・あの童謡?
と思ったら、著者のブログタイトルだった模様。
0歳児の長女が好きな歌のタイトルらしい(*≧∀≦*) 歌うと泣きやむそうな。

ガンで24歳にて亡くなった著者が生前書いてた「ブログ本」。

妊娠中、ガン発覚…
カゼひとつひいたことなかった元気印が23歳で結婚し、
1カ月後長女出産、すぐ年子で次の子を妊娠。
新築マンション買い、妊娠中に挙げてなかった結婚式済ませようと
招待状発送…忙しいながらも幸せな日常…だっただろう。

その矢先、そろそろ性別わかる?と思ってた頃だったろう
幸せな5カ月検診… 突如ガン発覚
「お子さんはあきらめてください」
内科医に告げられるが産科医と相談。
妊娠中抗がん剤使いながらぎりぎりまで妊娠継続し、
人工早産した後本格的な治療すること決定。

妊娠中5回もの化学療法に耐え、
なんとか6月に35週までもたせて元気な女の子出産
…すも、その後の化学・放射線療法や移植も効を奏さず
11月初旬、24歳3カ月で死亡。
2月に発覚し6月に出産して、あっという間の出来事。


 子どものために生きるのか、死ぬのか
著者自身も、そして私自身読んでても突きつけられたのは↑。
病気発覚した時点で、妊娠5カ月。もう胎動あり、子どもがいることは
肌で感じられる時期。

子どもの代わりに自分が死ねるなら、そうしたい
こんな私でも多分とっさにそう思っただろう。
しかし、上には(当時)7カ月の長女。
乳飲み子残して死ぬわけにはいかない…
同じく私も、きっとそう思っただろうと思う。

命をかけた、究極の選択…涙があふれた。

今日もくだらないことで子どをも怒る ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ダメ母の私…

毎日をたいせつにしよう。今を抱きしめよう
本読んで、そう強く思った。

↓ランキング参加中♪皆さんのクリックが活力の源です
本当に感謝していますヽ(  ´  ∇  `  )ノ 今日も
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。