勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/14
2010 Mon
目指せ!「金銭感覚」ある子ども♪
打ち消し文
6歳からのお金入門6歳からのお金入門
(2007/04/13)
八木 陽子

商品詳細を見る

評価 <評価基準>

金銭感覚のある子どもに育ってほしい。
親なら当然願うだろう普遍的な想い。
そんなフツーの親の1人として子の本チョイス

株式投資や為替
いくつか読んだ小遣い教育の本でも、この本が一番特徴的だったのは、
株式投資や為替、借金や利子など金融についての言及が一番多い点。
単に小遣い教育と言うよりは、勝間さん推奨「金融リテラシー」教育の本と言った趣?
正直親もようやらんから、教育できるはずもなく…(;´▽`A‘‘(;´▽`A‘‘
まずは自分を教育?!
お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
(2007/11/16)
勝間 和代

商品詳細を見る


 話し合う/体験させる
読んでみての一番の感想は、↑の重要性。
・小遣いに限らんが、単に親の方針で「ウチは○▼する!」
 貫くばかりでなく、子どもと話し合い、言い分を聞き、
 必要性や重要性を納得できるよう導く→まさにコーチング
・たとえ、大事なお金カードゲームで全部使って必要なもの買えなかった、
 紛失したetc.ピンチ遭遇しても「今のうち経験させられてヨカッタ
 と考える→免疫ないまま大人になったらもっと被害深刻、重大!


押し付けないで考えさせる、失敗含め実際に経験させる。
うーん、わかっちゃいるけどムツカシイ(;´▽`A``

 親の姿見せる
もひとつ重要だなと思ったのは↑。
親が家計簿漬ける姿、寄付する姿見せ「背中で教える」。
そいえば、母も小さいときから、貧しい家計の中から毎月
貧しい国の子どもにと寄付をしていた。
私自身、家計簿をつけ、毎月寄付をしているが、
家計簿は子どもが寝てからPCだし、寄付は引き落とし(-_-;)。
確かにこれじゃ、子どもはやりくりしていること分からない。

稼いで貯める喜び教える
アメリカでは一般的な子どものアルバイト。
稼ぐ大変さと貯める喜び教えるには最適と著者。
日本ではなかなかムツカシイが、
家庭内小遣いに報酬制導入するなど、工夫余地ありと
なるほどね…。

我が家の4・2歳児にはひとまず、おもちゃの財布と紙で作った紙幣作製。
DSC02058.jpg
お金は大事なんだよ」「これでご飯の材料買うんだよ」
「ちゃんと財布にしまってなくさないようにしないといけないよ」
からスタート。
ココからスタートして、最終的には
目指せ、金融リテラシーある子ども?!

↓ランキング参加中♪皆さんのクリックが活力の源です
本当に感謝していますヽ(  ´  ∇  `  )ノ 今日も
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。