勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/21
2010 Sun
人のために生きる~真の強さが生まれる時
覚悟。覚悟。
(2009/12/23)
福田衣里子写真・初沢亜利

商品詳細を見る
評価 <評価基準>
図書館の新刊本コーナーで偶然見かけて貸出。
薬害肝炎被害者団原告。民主党の新人議員著

か、かわいい…
表紙は勿論、口絵でもカラー写真で初登庁や選挙中、日常に密着ししている様子
写真で紹介。衆議院議員に失礼かもしれないが率直な印象は↑。
華奢でかわいらしい「フツーの女の子」。
ある日突然
フツーの生活していたフツーの女の子が、ある日突然出産時に投与された血液製剤由来の
「薬害肝炎」であると知った事で生活は一変。
それまでフツーに結婚して、フツーにお母さんになろうと思っていた「フツー」生活から一転
肝炎発症し、インターフェロン治療2回。副作用で脱毛、倦怠感、モーレツ痒みに襲われた上、
高額な治療費負担する立場に。母親は「家売ってでも」と著者支えてくれたと言う。
国は責任認めず補償もなし。治療間に合わず命落とす仲間見て実名公表して立ちあがり、
数年の闘いの後、治療の甲斐あり陰性なり、国からの補償も勝ち取る。
しかし、まだ補償受けられない仲間のためにと立ちあがり、衆議院立候補。
保守王国で元防衛大臣から議席を勝ち取り現職に。

パンや→国会議員(゜_。)?
もともとはパン屋志望で、勤務し修行中だったという著者。
運命の波が連れてきた先は国会だった。
ホント、想像もしない大変化だっただろう。

大我のために生きる
結局、著者の強さはここだろう。自分でない、困っている誰かのために生きる。
よく「自分のために生きてる」というが。それも真実なのだけれど 実は
人は自分のためでなく、人のためであるとき一番強くなれるんだと、母になってから思う

勿論大我のため生きつつも、結婚も出産もして 幸せになってね(*´∇`*)

↓ランキング参加中♪皆さんのクリックが活力の源です
本当に感謝していますヽ(  ´  ∇  `  )ノ 今日も
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。