勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/17
2010 Wed
((;゚д゚))ス、スゲェ・・・内容はともかくとして。
デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)
(2010/01/16)
上念司

商品詳細を見る
評価 <評価基準>
勝間本も続々出版中だが♪こちらは勝間和代さんのやってる会社
共同経営者にしてブレーンである上念司著作。

上念さんはメルマガの最後やセミナーのオーディオブックに
要所にちょくちょく登場する方。カツマーの間ではすっかりおなじみ。

先日勝間さんのセミナー初出席した際(記事はこちら、著者に初体面(笑)
おお!あなたがあの上念さん♪」と感激+。:.゜ヽ(*´▽`)ノ゜.:(笑) 
その上念さんが本を執筆されたと聞き早速図書館リクエスト☆


SUGEEEEEE(゚Д゚)EEEEEEEEE!!
(◎皿◎)ええ?ホントに?! …とビックリしたのは著者の能力
法学部卒業後少しだけ旧長銀勤務すもすぐ退職。
畑違い仕事していたが、
4年後銀行が破たんした事ショックを受け、経済を本やセミナーなどで
勉強し、本の執筆至ったそう
↓↓↓↓↓↓
つまり大学(場合によっては大学院)etc.でトレーニング受けている
他の経済学者や関係者とは違い、まったくの独学

本の冒頭勝間さんも序文章寄せているが、今回のデフレ提言「勝間ショック」も、
実は「上念・勝間ショック」であり、
現在社会に向かって発信している様々な提言は上念氏含めた
③人の共同パートナー達と発しているものだそう。

あとがきに“勝間番組に出演する経済学者には仕事そっちのけで
質問し「経済学マニア」と認知され本当にうれしかった
”とあるが
プロの経済評論家として「売れっ子」の勝間さん
裏方で支えるだけの能力を独学で習得していることになる。
慶応の商学部出たあと会計勉強し続けて院卒な勝間さんとは対照的。
これだけでも、著者のポテンシャルの高さ伝わってくる(´Α`) ビックリ。


ただ内容は
↑とは違う意味で「ホントに(゜_。)?」という感じ。
・一人あたり数百万円という巨額の財政赤字も気にする必要なし
・今は財政赤字の借金返済はしなくてOK

今まで報道などで見聞きする経済解釈とは180度異なるため、
一回読んだだけではにわかに信じて理解するのはキビシイ。
ただ、勝間さんも繰り返して主張している以上、
この考え浸透させていく必要があるのか?

とにかく、著者のポテンシャルに脱帽(@_@;)!すごいです>上念さん。
fc2ブログランキング:図書館ジャンルランキング参加中♪
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。