勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/31
2010 Sun
上司は「身内」に非ず~客と思ってサービスに徹すベシ!
上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント!上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント!
(2006/03)
大久保 幸夫

商品詳細を見る


評価 <評価基準>
サラリーパーソン永遠の課題=上司とうまく付き合う
そのハシクレたる私にとっても、それは勿論 永遠の課題(*´д`;)…って訳で(笑)
図書館棚で偶然見かけたので貸出♪

上司って「顧客」だったのか!
日本人にとって上司は 指示をする人、自分を育てる人など
身内」である意識が強いが。実はそうではなく
満足させるべき顧客」なのだと著者。

そういえば最近読んだワタミ会長渡辺美樹氏著作にも、
勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考 (講談社BIZ)勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考 (講談社BIZ)
(2009/07/31)
渡邉 美樹

商品詳細を見る

外資系から来た部下は折に触れ上司(渡辺氏)に
「私の評価はどうですか?」「修正すべき部分はありますか?」と聞いてくるそう。
Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!私がそんなこと上司に聞いたら“たくさんありすぎる”って言われそう・・・(笑)
彼らにもこの考え方が染みついているんだろう。


上司は自分の「数年後の姿」
もうひとつナルホドと思ったのは↑の記述。
私たちはつい、「あの上司は○○でさぁ!」「××すぎるんだヨ」
など上司について安易に愚痴りがちだが。
あなたは数年後、非の打ちどころのない完璧な人間に
なっているだろうか?大多数の答えはおそらく「No」だろうが、
それなら上司も同じ。過度な期待をするのも「身内」という甘え。
あくまで顧客として満足させるべき存在が上司

対上司ストレス↓?!
少なくとも私に関しては、この本を読んだからといって即
上司にとって理想的な部下になれるとは思わんが(爆)

少なくとも、一般論としてこの本読むことで部下が上司に対して抱きがちな
無用なストレス
は減らすことが可能かもしれない。


~今日から実践すること~(継続含)
・「未来の自分」たる上司に、過度の人間性もとめすぎない
・「顧客」と銘じてサービス徹す!

fc2ブログランキング:図書館ジャンルランキング参加中♪
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。