勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/12
2010 Tue
頭脳明晰!ユダヤ民族の学習方法?!
ユダヤ式学習法―わが子の学力がグングン伸びるユダヤ式学習法―わが子の学力がグングン伸びる
(2009/05)
坂本 七郎

商品詳細を見る
評価 <評価基準>
他の本検索していたら引っかかってきたので、面白そう♪と図書館リクエスト☆

~この本への質問~
ユダヤ式学習法…って?!

~所感~
世界で最も頭脳明晰?!
ユダヤ人と言えば、例えば人口は日本人の1/10程度ながら
ノーベル賞受賞者割合はユダヤ人は23%(日本人2%)
アメリカでの人口比率1~2%なのにイェール、ハーバードなど名門大学在学比率は30~50%
など、輝かしいデータを誇る民族。

週3回、20分♪
そんな彼らの勉強方法っていえば、それだけで知りたくなるが(笑)。
しかも↑だという。(〃▽〃)キャー♪

 授業内容、家でプレゼン
させるというのが、要するにその方法。 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
勿論子どもなので
・楽しく和やかな雰囲気 / 褒める
・親が質問したりする形で助け舟 
などのフォローは入れるのだが、要するに
親を生徒に見立てて子が家で授業するというもの。

( ・ω・)モニュ?それだけ? 正直最初は思ったが。よく考えてみれば、
授業内容理解してなければプレゼン(授業)なんてできるわけなし。
本中にはこの方法取り入れた日本の家族からの反響たくさん載っていたが、
極めつけはユダヤ式だけで東大現役合格してしまったという子も!
聞けばこの子は高校まで、帰宅して母に授業内容話すのが習慣だったのだそう。

ディスレクシアの子も
昨日記事UPした (記事はこちらディスレクシアの子の話。
僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年
(2009/08/25)
小菅 宏

商品詳細を見る

そういえば彼も板書も教科書読むのもやめてとにかく先生の話をじっと聞き、
帰宅後母に話して要点を母がノートにまとめるという作業
ずっと行っていた
のだとの記述あった。
教科書読めないしノートも取れないという著者が本中、高校生になるまで
成績は中の上だったとあり、すごく不思議だったのだが、
今日読んだ本と併せるとそれも納得。
図らずも彼はユダヤ式家庭学習方法を行っていたのだ

幼児の場合
我が家の場合、まだ子は年少と2歳児だが。取り入れられるとすると、
絵本を読み聞かせた後その内容プレゼンさせる、とかかなあ…。

とにかく親子の絆、コミュニケーションスキル、プレゼンテ^-ション力も鍛えられるユダヤ式、
確かに成績伸びそう?

~今日から実践すること~(継続含)
読み聞かせ後、内容プレゼンさせてみる。
fc2ブログランキング:図書館ジャンルランキング参加中♪
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。