勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/11
2010 Mon
自分との付き合い方を知る
僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年
(2009/08/25)
小菅 宏

商品詳細を見る
評価 <評価基準>
図書館が年末年始の休みに入ってすっかり読書難民だった
年末年始やっとあけたが、自分も勤務でなかなか図書館行けず(笑)。
やっと行けた図書館の書棚で偶然見つけて貸出♪

~この本への質問~
字が読めないって…どーいうこと?!

~所感~
ディスレクシア
という言葉をご存じだろうか?
学習障害の一種である。失読症、難読症、識字障害、読字障害ともいうwikipediaより)
恥ずかしながら私自身「と、トムクルーズがそうだったんだよね?!」程度の認識(;´▽`A``
正直詳しい事はよく知らなかった。

21歳で判明
表紙の彼が本の著者。見ての通り一見普通の好青年だが。
21歳で判明するまで「自分おかしい?」「精神病?!」とカウンセリング受けたり
精神科に入院したりしたが、障害は判明せず。
・高校は③回転校余儀なくされ自殺未遂や自傷行為繰り返す
・ラブレターもらっても読むのも返事書くのも数倍以上の時間要し、
 その間集中力保つの非常に困難。付き合っても食事行って
 メニューが読み取れるか心配。付き合い続かない
・就職しても、上司の話したことをすらすらメモするの困難で
 トレーニング期間で退職繰り返す。また、特有の空間認知不得意あり
 ウェイターしてもワインを上手に注げずこぼす 

21歳までそんな自分を責める日々だったので、判明した時は
やっと肩書ついた!」安堵したのが第一だったと本。
その間の本人はもとより、母の淡々とした記録の中から、苦悩がしのばれ、
同じ母として胸がしめつけられる。歴史にもしもは禁物というが
「もっと早く分かっていたら…」思わず考える。

つきあい方が分かる
きちんと医師の診断受けている訳ではないが。実は私の父も、ビルゲイツ社長と同じ
自閉症の一種。知能障害はなく、むしろ秀才。一流大学を出ている父がそんな障害
抱えているという認識が 戦中生まれた彼の年代にある筈もなく、そのまま就職~結婚。
正直、伴侶である母も子である私たち姉弟も、相当苦労した(-_-;)。

社会人入学した大学でLD(学習障害)について学んだ際、「まさに父の事だ!!!!」
衝撃を受けた事昨日のことのように思い出すが、ものすごく楽になった
簡単に言うと、傾向と対策が分かった  →それまでは単に「傍若無人な人格」だったが、
それが特徴であるという事が分かったら、母も私たちも父を許せるようになった。


障害のある子って、どんな気持ち?―見て、聞いて、体験して、知ろう!障害のある子って、どんな気持ち?―見て、聞いて、体験して、知ろう!
(2009/08)
座間キャラバン隊

商品詳細を見る
読んだ際も思ったが(記事はこちら 障がいが分かれば対処が分かる
今までは単なる変わり者、怠け者、親の躾が悪い者として片づけられていた人も
実は●▼というLDで、だから○×に接してほしいー。こう分かるだけで、
本人も親もどれだけ救われることだろう

障がいというと大げさだが。けっきょくこれは、自分の強みを活かすと言う事
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン

商品詳細を見る
 (記事はこちら
たとえば私の強みは↓だが
tuyomi_20100111085017.jpg
逆を言えば、これ以外は苦手と言う訳で。つまりこれも、
自分の特徴知って付き合い方を考えると言う事だろう。

なんと彼は現在 まさに読んで書くのが仕事な編集者目指しているのだと!
すごい。すごすぎる。だけど、自分との付き合い方分かった彼ならきっと大丈夫。
編集者という形でなかったとしても、きっと思う生き方勝ち取れると確信した。
~今日から実践すること~(継続含)
自分の強みを知る=自分との付き合い方を知るッ

fc2ブログランキング:図書館ジャンルランキング参加中♪
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

■本、お読みいただき、感謝です。
初めまして。
突然のコメント、失礼します。
私は、「僕は、字が読めない。」のモデルになっている南雲明彦と申します。
本をお読みになっていただき、ありがとうございます。

確かに自分との付き合い方、相手の特性を知った上で対応するというのは、とても大切ですよね。
もちろん、人それぞれ、同じ障害であっても、違う部分が多々あると思いますが、無知や無理解よりは、少しでも知っていただくだけで、違った対応や世界が待っている気がして、この本を全国の皆さんに読んでいただきたいと思い、出版させていただきました。

この度は、取り上げていただき、本当にありがとうございました。
深く、感謝申し上げます。
南雲 明彦 | URL | 2010/01/12/Tue 10:48 [EDIT]
■Re: 本、お読みいただき、感謝です。
南雲 明彦さん♪
このblog始めて一年余り。
作者(モデル)の方からmessage頂くなんて初めてなので、
コメント感激です 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ!

blogのコメント頂くと、ケータイにメールが届くのですが、あまりに驚いて
受け取ったメールを何度も見てしてしまいました(笑)

ご自身についての告白、勇気なくしてできなかったと思いますが、
本当に多くの学びを得ました。
今後もblogや私自身と言う媒体を通して
南雲さんのような方の存在を啓蒙し、
少しでも生きやすい社会つくるお手伝いしたいと思います。
ひまわりマミー。 | URL | 2010/01/12/Tue 19:55 [EDIT]

Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。