勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/26
2009 Sat
褒めるより認めろ!~モチベーション↑を「仕組化」していく
認め上手 人を動かす53の知恵認め上手 人を動かす53の知恵
(2009/06/11)
太田 肇

商品詳細を見る
評価 <評価基準>
活かす読書で紹介されていて、面白そう♪と図書館リクエスト☆
大学先生の本。

~この本への質問~
認め上手になるには?

~所感~
 褒める<認める
まず衝撃だったのは、「褒めるより認める事が大切」との記述。
( ゚Д゚)ヒョエー! 最近親野智可等著書で、さかんにほめて育児すること推奨
されていた身には、パラダイムをひっくりされてしまったかのような衝撃。


だけどよく考えたら、髪型変えると即座に「ママ、かわいい!」と
照れなくほめてくれるよう”ほめ上手”子どもたちが
大人になると褒められなくなるのって、一つには
闇雲にほめる言葉の白々しさを知ってしまうからだろう。
大人ってムツカシイ・・・Σ('∀`;)

たて・よこ・斜めの関係
↑を踏まえ、この本では上司/経営者目線で「認める」ことで
部下のモチベーションUPさせるtips紹介☆
まずは社員同士、タテ・ヨコ・ナナメの関係で認め合う仕組み
横:同期入社同士。大企業に離職少ない理由の一つは同期で励ましあえるから
斜め:パートのおばちゃんと新入社員。息子のような年齢のオバチャン達に
   若者励ましフォローしてもうらう。オバチャン達には感謝/頼られることでフィードバックあり

縦:年配社員と若手社員。年配者は若手を「認め」、
  若手は年配を「尊敬」する仕組みでお互いが伸びる 


なるほど、どれも納得できる。社員のモチベーション管理には、これらを踏まえ
「仕組み化」すると効果的か。ただし「縦」などは仕組み化に
ちょっと工夫を要するか?・・・。

 表彰
あと本中で盛んに推奨しているのが↑。私自身は、
社会人になって以降表彰制度とはあまり縁なしにて、
正直「(゜_。)?」と違和感覚えたが、
モチベーションにはうってつけツールと著者。

・単に売上高い人の功績たたえる顕彰型 だけでなく、
・陰で善行積んでる人、地道に努力する人に、
 その努力/姿勢たたえる奨励型
・日常におけるよい仕事や細かい気配り/工夫湛える
 「軽い」表彰=HR(HumanRelations)  
 など、一口に表彰と言ってっも多岐にわたる

確かに表彰は制度化=仕組み化しやすいため
モチベーションUPを仕組み化したい組織にはうってつけだと思う”!
ただ、照れくさくて仕組み化しずらいような気も。。。
単に私が表彰に慣れてないだけなのだろうか?

~今日から実践すること~(継続含)
ほめるより「認める」!承認する


fc2ブログランキング:図書館ジャンルランキング参加中♪
ぜひクリックお願いいたします♪(*≧∀≦*)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。