勝間和代さん大好きな カツマ-(*≧∀≦*)双子ママ看護師。図書館&フォトリーディング徹底活用し2010年は目標333冊!ビジネスパーソンの皆さん!図書館ってもっと”使えます”♪上手に活用して得しちゃいましょうッ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/05
2009 Fri
答えは既に 相手の中に・・・
マンガでわかるコーチング・ルール (PHPハンドブック)マンガでわかるコーチング・ルール (PHPハンドブック)
(2006/09/21)
播摩 早苗

商品詳細を見る


今年の自分テーマはアサーティブ。だけどアサーティブ関連の本読んでみると、
コーチングやファシリテーシングなどとかぶっていること如実に感じこの本
図書館リクエストにてチョイス。
主に職場で部下や後輩に対してのシーン別コーチングガイドしている本。

~読書ドウキ&この本への質問~
私が職場や日常生活で使えるコーチング技術を教えて!

~内容要約~
部分部分で漫画も用いられていて読み易い(*≧∀≦*)。
支持/命令から「引き出すコミュニケーション」へ
  変化が早い現代においては、「昔はこうだった」指導で
   「指示待ち部下」育てても生き残れない。自ら考えられる/自立した部下の育成要!

・説得・説教・「なぜ」禁止!:
 
コーチングでは、「聴いて、質問し、相手の持ってる答え引き出す」
 のが基本。だから説得&説教×は明白だが、一見質問な「なぜ?」も×なのは、
 上司→部下への質問は質問ではなく詰問だから。詰問では、部下は
   真の問題解決ではなく、上司が望んでいる答え探そうとする

相手(部下)は既に答えを持っていると信じる
   聴いて質問することによって相手の中に既にある答えを引き出すのがコーチング。
  その大前提にあるのが「人は誰でも自分を高めていきたいと願っている
  という原則信じること

まずはコーチの内的環境整備:コーチ(コーチングする人)は他者に向かう以前、
   まず自分の心の声ボリューム落とし、相手の中の解決力する力信じ、
   先入観捨て相手の答え受け入れ、100%聴く事決め、怒りを自己管理する

聴く姿勢持つ:態度(相手が立ってるなら自分も立つetc.)/表情/姿勢/話スピード
・アドバイスは最後にことわってからコーチングでは基本的に助言はしないが、
   するとすれば最後に「最後にアドバイスさせてもらってもいいかな」「私の意見最後に3つ
   いわせてもらってもいいかな」など断ってから。


~所感~
まだ婦長など管理職ではない自分には「30分時間くれる?」みたいな
本格的コーチングはする立場ではないが、聴くという姿勢のほか、
承認(相手を受け入れる)というスキルは身につけたいと思った。
具体的には
・ペーシング意識する前述の「聴く姿勢」→態度/姿勢/抑揚/話スピード
Iメッセージ使う:「私は嬉しいよ」「(私は)頼りにしているよ」「助かったよ」など
   →対局は「(おまえは)なんで○▼なんだ」

   →本中あった用例では、「必ずやりますから任せてください」と言ってきた
     部下に対し
     「おまえはいつも口ばかりで信用できないな。(おまえは)調子のいいことばかり
     言ってるが、いったいいつやるつもりなんだよ((*`ェ´))」

             から↓
    「君がやり遂げたところ(私は)ぜひ見たいよ。どういう行動プランで
     行こうと思っているのか聴かせてもらうと(私は)安心なんだが・・・」
 
 

うん、確かにソフトだし、やる気をそがない。
今年入ってきた新人さんに使ってみよう(*≧∀≦*)

あと、相手の中に答えがあると信じる!・・・なんて難しいんだろう(´ヘ`;)
まさに部下育て=子育て どちらも思うようにはならない・・・。
達観して事にあたれということか。

~評価~

評価基準:
☆:個人的にはオススメしません
☆☆:もうひとつピンときませんでした
☆☆☆ :ふつう
☆☆☆☆:おもしろく、興味深かった!
☆☆☆☆☆:面白くタメになった!自分でも買ってとっておきたい!!


~今日から実践すること~(継続含)
 1.Iメッセージ身につける
 2.聴く姿勢身につける
 3.答えは相手が持っている 事信じる

 


クリックよろしくお願いいたします♪(*≧∀≦*)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL


copylight © 双子ママ看護師の図書館もうで。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。